男の子・男性

Don’t cry.

後ろからハグする親子のイラスト
オリジナルイラスト|Don’t cry.

修司タケルの関係性。


修羅場の絶えない実家で少年時代を過ごした池上修司(キャラクター紹介「池上家」参照)。その記憶は今でも残っていて、定期的によみがえっては彼を苦しめています。

しかしタケルの前で泣くわけにはいかないので、修司は背後でこっそり涙ぐんでいます。

修司の涙

タケルの視線は手元の蝶へ。動植物にいっぱいの愛情を注ぐ男の子。後ろを振り向くことなく、優しい目をして笑っています。

タケルの視線

タケルが修司の抱えているものをまったく知らないかというと、恐らくそんなことはありません。タケルは幼くても他者の痛みに敏感な子です。タケルは母方の親戚に深く愛されている一方で、父方の親戚とは会ったこともありません。何も伝えられていなくても、何か感じるものがあるはず。それでも修司の心の奥深くまで入っていこうとしないのが、タケルのひとつの優しさなのだと思われます。